アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
映画館でひまつぶし
ブログ紹介
映画館で観た映画の感想を、日記代わりに、ちまちま書いていこうと思います。
映画マニアというわけではなくて、
小説やマンガも大好きなのですが、
やっぱり一番好きなのは、映画館で過ごす時間です。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ミッション:インポッシブル フォールアウト
前作ローグネイションは、シリーズ最高傑作だと思っているのだが、 その完全続編が本作。 トム・クルーズのいっぱいいっぱい感がたまりません。 それが、シリーズ通して、緊張感の源。 本当にリスペクトします。 前作初登場のイギリススパイのイルサが、本作でも大活躍。 前作のイルサがとにかくカッコいいので、本作のヒロイン待遇に満足です。 イーサンの元妻もガッツリ出ていて、イルサとの接触シーンもある贅沢さ! シリーズ最終作の雰囲気を醸し出しつつ、まだ続くのかな? とにかく大好きなシリーズで、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/09 19:59
キリング・ガンサー
べたべたのアメリカンコメディー。 モキュメンタリー形式なのだが、最初からフェイクなのはわかってるので、モキュメンタリーのパロにもなっている。 個人的には、テレビコメディーによくある「観客の笑い声」も、入れてほしかったくらい。 結構笑った。 評価は中の中。 シュワちゃんも、おもったよりも活躍。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/09 19:51
ビューティフル・デイ
美しい映画だったな。 人物造形をすべて演技と映像で表現。 斬新なカット。 美しい音楽。 動と静の濃淡。 とにかく凝りに凝った演出で、カンヌW受賞納得。 ラストも、余韻を残しつつのハッピーエンド。 最後の静止画のようなワンカットが、目に焼き付いて離れない。 美しい映画だった。 評価は〇 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/09 19:44
パティ・ケイク$
パティケイク”す”なんだね、読み方。 まあいいけど。 曲がよい。 ラップはよくわからんが、メインの2曲は、ポップでふつうにいい曲だと思った。 主人公は、単に夢見るブスではなく、頑張って生活している子で、ダメ母に対しても敬意を持って応じているところが、好感がもてた。 「こんな家出てってやる!!」という映画が多いなかで、貴重なキャラだな。 凄く面白いわけではないが、好感度高めでした。 評価は中の上。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/09 19:35
ワンダーストラック
構成は凝っているのだが、結局、ああやっぱりね、みたいな終わり方で、感動のポイントがなかった。 どこがどう奇跡なのかもイマイチよくわからんし、映画的カタルシスも感じない。 まあ、面白くなくはないが、期待外れだったな。 耳が聞こえない、というテーマと、2重構造の構成と、どちらも生かし切れていない。 評価は中の下 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/09 19:20
菊とギロチン
3時間。長い。 シベリア帰りの人たちのエピソードはいらなかった。 スポコンものかと思って見に行ったが、スポコン要素皆無でした。 監督の舞台挨拶の回で、「映画」ということ以外まったく興味のない私などがいて、場違いな、失礼な感じがしました。 いずれにしろ、観客を楽しませようとして作っている映画ではなく、自己表現として映画と撮っている人のようなので、 私とはベクトルが違います。 評価は×。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/29 11:12
マッド・ダディ
ニコラスケイジのホラーコメディ。 ニコラスケイジは、本当に作品を選ばない。 子供を殺そうとする父親役を、本当に楽しそうに演じている。 お母さん役は、ヘルボーイのパイロキネシスのヒロインの人で、この人も、演技過剰なくらい楽しんで演じてたな。 子供に対する愛情だけが180°逆転したら、という設定で、自分の子以外には、まったく普通。 そのギャップが、私的には、ツボであった。 ノスタルジックな雰囲気すら漂わせる良作ホラーコメディーで、 評価は〇 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/29 10:39
ジュラシック・ワールド 炎の王国
面白かった! 「永遠の子供たち」は、私のオールタイムベストの上位に入る好きな作品。 そのバヨナ監督が「ジュラシックワールド」を撮る、と聞いたときは、ええー、となった。 あまりにも作風違うじゃん。 が、その不安を払拭する作品であった。 前半は、今までのジュラシックシリーズを踏襲しつつ、後半は一気にバヨナワールドへGO! ダークでゴシックなバヨナワールドを堪能することができました。 メジャー監督の仲間入りをしたところで、次回作は、ぜひ、オリジナルのゴシックホラーをお願いしたいものです。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/29 10:28
未来のミライ
予告を見ると、くんちゃんとミライちゃんの大冒険!的なストーリーを連想してしまうのだが、そういう作品ではない。 小さい子供の成長の不思議を、オムニバス形式で描いていくホームドラマ。 そこをはき違えると「つまらない」という感想になってしまうであろう。 「つまらない」と思った人は、見る映画間違えたね。ジュラシックワールド見るべきだった。 私はこういう作品好き。 映画的カタルシスはないので、「すっげー面白い」とはならないが、 画もエピソードも、物凄く丁寧に作ってあって、しみじみ、いい映画だな... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/29 10:19
フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法
美しい映画でした。 夏。 廃墟。 子供。 最強の組み合わせ。 そこに「貧困」という現実が組み合わさると、この映画になる。 とにかく、子供の、ナチュラルな演技(?)が素晴らしい。 そこに、フロリダの廃墟の美しさ。 社会的なテーマの映画なので、もちろん、ハッピー!という話ではなく、どこにも救いはないのだが、 それでも、ウィレム・デフォーをはじめとする周囲の大人たちのやさしさ。 母親のブレアと喧嘩しちゃうひとつ下の階のお母さんも、主人公ムーニーには、ひどくはあたらない。 なにより... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/09 18:01
タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜
実話を基にした社会派作品。 のはずが、韓国映画の癖で、演出しまくりのヒーロー物であった。 光州事件を題材に「実話」と銘打って映画にするのに、こういう演出になってしまうのは、やっぱり韓国。 やっぱり、ドラマの国だから、リアルをどっかに置いてってしまってるんだな。 韓国アイドルの「アイシテマス」と同じで、嘘っぽい演出が、癖になってしまっている。 この映画を、「感動した」と高評価する人とは、映画の話はできないな。 評価は下。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/09 17:41
パンク侍、斬られて候
石井岳龍監督の力作。 宮藤官九郎の脚本の力が、かなり強いんだろうとは思うが、豪華男優陣の力もかなりのウエイトで、久しぶりに「大人しくない」日本映画を見た。 綾野も東出も染谷も、今の若者のカリカチュアで、クドカンって、今の若い衆のこと、嫌いなんじゃないの?とか、思ってしまう。 演出は、斬新! 演出の叙述トリックだな。 面白いか面白くないかと言われれば、感動とか興奮とかいうのとはまったく違った意味で、面白かった。 後に何も残らないのも、いいね。 「万引き家族」「フロリダプロジェクト」と... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/09 17:30
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
予告に出てきた「見せ場」を、居眠りでことごとく見逃してしまいました。 それほど退屈だった。 たぶん、完全にキャラものなのに、キャラがいずれも弱いうえに、人間関係が希薄。 チューバッカとも、あっさり親友になっちゃうし、ファルコン号も、ただ博打に勝っただけ。 ウディハレルソンの、「俺たち、今まで上手くやってきただろ?」というセリフがあるが、そんな人間関係の構築は微塵もないので、観客のだれもが「え??」となったはず。 キャラなし見せ場なしストーリーなしの三重苦の超大作でした。 まあ、ものす... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/09 17:13
メイズ・ランナー:最期の迷宮
ハンガーゲーム、ダイバージェント、 と、同時期に似たようなシリーズものが続いて、 前2作の完結をしめくくる、シリーズもの最終作。 1作目は、シリーズものと知らなくて、 シチュエーションSFだとばっかり思ってみていたので、 ラストの「つづく」が、衝撃的だったのを覚えています。 2作目は、「どこが、メイズでランナーなんだ!」と、ツッコんだのを覚えています。 とにかくツッコミどころ満載のシリーズでしたが、 全部見終わってみて、まあ、面白かったかな、と (ダイバージェントに比べれば)。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/28 19:24
ワンダー 君は太陽
まあ綺麗な作品。 主要人物が、とにかく、いい人たち。 特に、コドモ界に超いい人が二人もいて、主人公の友達になってくれるんだけど、 「こんなコドモいないよなあ」と思いました。 最後に主人公が賞を貰うんだけど、私は、主人公でなくて、友達の方が賞を貰うんだと、本気で思いました。 民主党的か共和党的かで分ければ、圧倒的に民主党的な作品でした。 機嫌が悪い日に見たら、「偽善すぎて反吐が出るわい」と言ってしまいそう。 でも、うちの子には見せたいかな。 評価は中の下。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/28 19:09
空飛ぶタイヤ
面白くなくはないけど、好きな原作なので、あれ?という感じ。 銀行、大企業、中小企業の人間たち、それぞれの立ち位置での、ビリビリした感じが、絵として伝わっては来なかった。 綺麗に取ってある感じ。 「弧狼の血」みないに、汗でギトギトしてていい、と思いました。 評価はふつう。中の中。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/28 19:01
万引き家族
パルムドール作品。 この、極めて日本的なウエットな作品が、受賞してしまうことに驚きました。 脚本と演出と演技の力なのだろうな。 つまり映画の力だ。 出演者みんなすばらしいが、特に、安藤サクラがすばらしい。 本当にこのひとは、素晴らしい女優だな。 とはいえ、個人的な好みでいうと、好きな映画ではない。 だって、 尾を引くんだ。 胸のどこかに、ずっと引っかかって、とれない。 今すぐリンを助けに走って行きたい。 そういう映画です。 「ブランカとギター弾き」も、そういう気持ちになっ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/11 15:08
OVER DRIVE
「ちはやふる」のあらたが、バキバキに! 言われないと同じ人だと気づかないレベル。 真剣佑すげえ。役者だな。 とはいえ、脚本酷いな。 はい、ここで泣いてね、的ストーリーなんだけど、 とにかく話がチャチすぎて。 兄弟がふたりして幼なじみの女の子をずっと引きずってて、それが、メインのモチベーションという。 しかもそれが、ぐったりくるような話で。 「7年前の事故」ってのも、引きずってるんだけど、それなんか、セリフで語るだけ。 登場人物たちが、とにかく熱いんだが、一歩引いて見ると、なんの... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/11 14:58
デッドプール2
面白かった! メタなギャグが多いんだけど、それが「ここまでやる?」レベルでGOOD! 中盤だれるけど、Xフォース以降の怒涛の展開は予想を超える。 新キャラのドミノ、能力もキャラも、今までにないタイプでカッコいい。 だが、なんといっても、見どころはエンドロールにある。 これは、想像を超えた! ライアンレイノルズ自らが、自分の過去の役どころを消去する、超メタな展開は、映画史に残る悪ふざけ。 B級映画ならともかく、大作ヒーロー映画でここまでやるか?という。 「グリーンランタン」(DCだ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/06 19:13
女は二度決断する
カンヌ主演女優賞、納得。 私はカンヌ映画は、あまり評価しないのだが、これは、凄いわ。 とにかく、2時間、ずーっと、ダイアンクルーガーの表情だけ、撮ってるわけ。 中盤は法廷劇なんだけど、弁護士や裁判官がしゃべってる時も、ずーっと、ダイアンの表情にピントがあってる。 セリフがなくても、感情が伝わる。緊張感が伝わる。 ああ、映画ってこれなんだな、と思った。 小説や、アニメや、音楽では、これは出来ない。多分、テレビドラマにも。 家族を失って、最初は、激しい感情が噴出するんだけど、それが、だ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/01 20:04

続きを見る

トップへ

月別リンク

映画館でひまつぶし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる