アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
映画館でひまつぶし
ブログ紹介
映画館で観た映画の感想を、日記代わりに、ちまちま書いていこうと思います。
映画マニアというわけではなくて、
小説やマンガも大好きなのですが、
やっぱり一番好きなのは、映画館で過ごす時間です。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ラ・ヨローナ
ジェームズワン「死霊館」シリーズ。 とはいえ、世界観というか登場人物が一人ダブっているだけの、無理矢理シリーズ化なので、いきなり見てもなんの問題もない。 ストーリーも、シンプルなゴースト映画(呪い系)で、こういう正統派ホラー映画は好感が持てる。 「してはいけない」と言われたことを、必ずやってしまう子供。 ゴーストの悲しい過去。 ホラーはこうでなきゃ。 様式美。 評価は○ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/05/14 22:21
オーヴァーロード
ほぼほぼ戦争映画なホラー映画。 昔、ロバートロドリゲスの「フロムダスクティルドーン」というほぼほぼクライムアクションの吸血鬼映画があったが、そんな感じ。 登場人物が、とにかく皆さんカッコ良くて、ホラー要素抜きでも面白かった。 アタリ映画。 評価は○ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/05/14 22:06
麻雀放浪記2020
麻雀放浪記という名前のB級タイムトラベル映画。 何をやろうとしたのか解らなかったが、俳優陣のエネルギーは伝わった。 特にチャランポランタンのモモが良かった。 応援したくなるし、どうなるかドキドキした。 全体に漂うチープな作りも良い。 評価は中の中 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/05/14 21:46
ハンターキラー
潜水艦映画にハズレなし、という。 本作も、まあまあ、そうだったかな。 潜水艦を軸に、コマンドアクションあり、一触即発の緊張感もそれなりで、かなりのてんこ盛りストーリー。 おなか一杯。 欠点は、いくらアクション映画とはいえ、ストーリーが頭悪すぎる。 あんなしょぼいクーデター、あるわけねえ!って、見た人みんな思う。 ああ、アメリカには、いるか。頭悪い人。 評価は中の上。努力賞。 ちなみに、このあと、家で「レッドオクトーバーを追え」見た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/04/30 13:26
アベンジャーズ エンドゲーム
これは◎++だわ。 どこを切り取っても面白い! 特に上げれば、最終決戦の盛り上がりのすごさ! テンション上がりすぎて涙出た。 個人的には、スパイダーマンを囲む女戦士勢ぞろいのところが一番来た。 あと、ネビュラが生き残っててくれて良かった。 いつ死んでもおかしくなかったから。 笑いどころも満載で、 「こいつが?」「こいつと木の2択だった」のところは大爆笑だった。 あれ?おれはネビュラファンになったのか? 生き残ったメンバーの後日談もよかった。 ああ、ほんとに終わったんだなあ。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/04/30 13:19
多十郎殉愛記
日本映画の悪いところを凝縮した映画。 一番悪いのは脚本。 主人公のやさぐれ理由とか、ヒロインが主人公になぜ惚れたのか、とか、「とにかくそうなの!そういう話なの!!」という割り切り方で、何の思い入れも生じない。 見せ場はチャンバラらしいが、「往年の」といえば聞こえはいいが、要は、CGもワイヤーアクションもない時代のチャンバラの再現なので、退屈。 「るろうに」のチャンバラのほうがよっぽど面白かった。 様式美をやりたいんだったら、BSで水戸黄門とかやったほうがよい。 良かったのは多部未華子... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/04/30 12:52
ダンボ
ティムバートンなので、ただのファミリー向けにはしないだろうと思いましたが、期待通りでした。 まずバランスがよい。 あれなら子供は大丈夫だし、けっこうダークなので、大人でも十分楽しめるはずです。 ストーリーとダンボ本体はホンワカしてるのですが、おとうさんが傷痍軍人だったり、大規模テーマパークの内容が昔ながらの見世物小屋だったりと、ダーク感もけっこう盛ってある。 映像的も「これぞティムバートン」という見せ場いくつかあって、満足できました。 評価は〇 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/04/21 08:38
ハロウィン
前作から40年後!の正当続編。 40年ぶりにシャバに出たマイケルマイヤーズと、前作の生き残りローリーの再戦、それがストーリーのすべて。 シンプルイズベスト。 これこそが、B級映画の神髄です。 音楽も映像も、昭和感満載で、大好きなジョンカーペンター節を満喫しました。 ネットで、ローリーとターミネーターのサラコナーを比べる向きもあったが、「あほか」と思いました。 本作は、昭和B級映画ファンへのプレゼントです。 高校生や大学生のころ、「マイケルに襲われたらどうするか、ジェイソンに襲われた... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/04/21 08:28
シャザム!
DC系は、どうも基礎に「行儀良さ」があって、本作も同様。 「デッドプール」のような振り切った悪ふざけ感は感じなかった。 終始、テーマは「家族」。行儀いいなあ。 とはいえ、狙いはわかるし、好感度は高い。 DCヒーロー関係の小ネタは満載、ハリポタや、狙ったのか偶然かはわからないが、流行りのQueenネタまであって、サービス精神満載。 思わず声を出して笑ってしまうギャグもあった。 ラストバトルのカタルシスもなかなかだったし、最後はホロリときちゃった。 もっと敵が強かったら、もっとカタルシ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/04/21 08:12
サスペリア
私の映画観に影響を与えた映画は、間違いなくロメロ「ゾンビ」&アルジェント「サスペリア」である。 おそらく、私世代でそういう人は、多いのではないか。 そのぐらい、インパクトのある作品で、話題にもなった。 「サスペリア」のあと、数年間、夜、鏡の前に立てなかった。 赤が、ホラー色、という認識で固定された。 音楽が好きすぎて、バンドを始めた。 大学生になってビデオデッキを買ったとき、同時購入したセルビデオは1本だけ、「サスペリア」であった。 で。 本作。 よくも悪くも、まったく別の映画... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/04/09 19:10
ミスター・ガラス
シャマラン版アベンジャーズ! オールヒーロー饗宴!! といっても、2作品3人だが。 結論から言うと、面白かった。 近くで見ていた大学生二人組が「アンブレイカブル見ないと、話、わかんないのな」と言っていた。 そのとおり。 若者は、予習してから来い。 ともかく、「アンブレイカブル」、20年前の映画だもんな。 「シックスセンス」の衝撃を知らない奴らが、ダメダメシャマランしか知らないのも当然だ。 実際、地元映画館でも、上映期間は1ウィーク、深夜を含む1日2回上映という扱いで、とても人気... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/04/09 18:44
バイス
面白かった。 クリスチャン・ベールの化けっぷりがフィーチャーされるが、コメディとしても十分面白い。 だが、それ以上に「これは事実だ!」と言い切り、割と最近の政治のバックステージを激しくネガティブに描いていて、さすが自由の国、とうならざるを得ない。 日本じゃできないだろうなあ。忖度の国だから。 夫人が実の権力者だったり、子ブッシュのダメっぷりや表舞台を断念する理由など、見せ場も盛りだくさんで、エンタメとしてもとても楽しかった。 ハリウッドの実力は、やはりすごい。 評価は◎ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/04/09 18:30
グリーンブック
面白かった。 人種や身分を超えた友情、という話は数多く、特に人種差別を扱う作品は、私には難しいのだが、本作はきちんと伝わってきた(と思う)。 形態はロードムービーだが、出会い・エピソードの積み重ねよりも、ふたりの気持ちの変化を丁寧に描いていて、それが成功したと思う。 ダダ泣きするような映画ではない。 クスクス笑いながらほっこりする、ライトでアットホームな映画であった。 評価は〇。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/03/23 13:43
キャプテン・マーベル
思ったより良かった。 単発の映画としては良かったが、とにかく圧倒的に強いので、次作で、普通の人間であるブラックウィドウ、ホークアイたちとストーリー的に噛み合うのか、心配。 ヴィジョンやDCのスーパーマンみたいな立ち位置になるのかな。 まあ、コメディーとして見るべき作品で、大河ドラマ「アベンジャーズ」での立ち位置など、まじめに論ずるものではないと思うけど。 評価は〇。楽しい映画だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/03/23 13:37
えいがのおそ松さん
思ってたのと違った。 テレビ版の感動系エピソードをむりやり110分にしただけ。 同じ感動系としては、テレビ版の「イヤミはひとり風の中」が傑作だったが、本作も20分くらいにしておけば、傑作になりえただろうと思う。 劇場版を作るのであれば、スペシャル感満載で、振り切ったギャグ、感動系、etcをオムニバス形式で見たかった。 評価は中の下。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/03/23 13:17
ギルティ
デンマーク製シチュエーションスリラー。 登場人物は基本ひとり。 主人公を取り巻く人たちは複数人居るが、100%会話劇で、声のみの出演となっている。 画面は、警察の指令センターのみ。 事件はすべて電話の向こう側で起こっていて、観客は、主人公と同じ立ち位置で、音のみから電話の向こう側を想像するしかない。 その設定を、100%生かし切った脚本となっていて、すばらしい。 用意されたどんでん返しも(想定の範囲内ではあるのだが)とても良い。 エピソードの順番がひとつでも違っていたら成り立たなか... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/03/23 13:04
スパイダーマン スパイダーバース
ハリウッドアニメの新時代。 圧倒的にポップな絵と動き、凝りに凝った演出。 アメリカでは、「コミック」→「実写」(若者単体向け)と「アニメ」(ファミリー)のすみわけがあった印象だが、 本作は「コミック」→「アニメ」という、ある意味あるべき映画化を、かなりのハイクオリティで成し遂げた。 ディズニーやピクサーなどの「優等生ファミリーアニメ」を、私はあまり好きではないのだが、本作は、今までなかった「アメコミアニメ」を完成させた。 ストーリーは、まあ、好き好きあると思うが、とにかく、この圧倒的な... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/03/12 18:23
フォルトゥナの瞳
惜しいなあ! オチの「カノジョもアレだった」というのさえなければなあ。 途中途中で、伏線っぽいカットがあって、「そうなのかなあ。残念だなあ」と思ってみてたので、 やっぱりそうだったので、ガッカリ。 それ以外は面白かったのだが、あのオチは致命的だ。 原作もそうなのかなあ。 原作をあえて改変してたとすれば、最悪だな。 評価は中の中。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/03/06 19:18
サムライマラソン
製作や役者にはそうそうたる名前が連なる。 テーマからは、「高速参勤交代」「殿、利息でござる」みたいな、現代風時代劇なのかな、と思ってた。 始まってみると、ストーリーはかなり重め。 主人公格が複数人いて、マラソンが始まれば、エキサイティングな群像劇になるのかな、と思ってワクワク。 ところが。 いざ、マラソンが始まってみると、とにかく、絵的にしょぼい。 「侍は全員参加!」というわりに、どうみても2、30人しかいない。 観客も、同じくらいしかいない。 敵となる野党も10人くらいしかいな... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/03/06 19:15
女王陛下のお気に入り
邦題から、ロマンチックな宮廷劇かと思っていたが、全然違った。 女同士のドロドロの権力闘争。 エマストーンかわいい。 オリビアコールマン熱演。 勝ち負けは女王の気持ちひとつなので、はらはらどきどきが、最後まで。 最後、エマストーン、油断したなあ。 惜しい!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/03/01 20:32

続きを見る

トップへ

月別リンク

映画館でひまつぶし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる