アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
映画館でひまつぶし
ブログ紹介
映画館で観た映画の感想を、日記代わりに、ちまちま書いていこうと思います。
映画マニアというわけではなくて、
小説やマンガも大好きなのですが、
やっぱり一番好きなのは、映画館で過ごす時間です。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
マイティ・ソー バトルロイヤル
面白かったよ。 アベンジャーズのサブキャラ大集合。 力をいれずに見られるし、ギャグも、割と面白かった。 オープニングの、敵と会話してる途中で回っちゃうギャグは、かなり笑えた。 ソーは、今後も、変にまじめにならずに、この路線で頑張ってほしい。 評価は中の中。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/13 19:57
ブレードランナー 2049
ドゥニ・ヴィルヌーヴという監督は、ブレードランナーをこう撮るんだな。 とにかく絵がきれい。 音がきれい。 特に「水」の表現にとことんこだわっていて、全編に必ず「水」が出てくる。 そういう映画だった。 SFギミックとしての「疑似人格」「人造人間」が、きちんとストーリーの軸になっていて、SFファンとしてはうれしかった。 一歩間違うと、変なラブストーリーになっちゃうからね。 そうならなくて、よかった。 ハリソンフォードの出どころ(前作との繋がり方)もよかったと思います。 「いやー、面... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/13 19:53
スイス・アーミー・マン
不思議な映画。 主人公が徹底的なダメ男なので、こいつの白昼夢、というオチかと思えば、そうでもなく。 ダメ男が成長する話かといえば、そうでもなく。 「ダメならダメでいいじゃん」と、達観してしまう、それを肯定してしまう、という映画です。 「死体が話す」という不条理についても、特段の回答は用意されていないので、尻のすわりが悪い映画となっています。 「大人の寓話」といえば聞こえはいいけれど、下ネタと不条理の塊で、ストーリー上それが投げっぱなしなので、私は不快感が先にたってしまいました。 ダニ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/13 19:36
IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
R15指定で、ガチガチのホラーかと思いきや、かなりジュブナイルに寄った内容でした。 ヒットの要因は、そのソフトタッチかもしれない。 これなら、カップルOK、R15でなければ、ファミリーでもいけるんじゃないかな。 ダークさはほとんど無く、むしろコメディー重視、ひと夏の経験的な面白さです。 「楽しいホラー」「ジュブナイルホラー」として、これはアリです。 ラノベ? メンバーが誰も死なないのも、いい!(いじめっ子グループは死ぬ。) 評価は中の中。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/13 19:25
ドリーム
相変わらずのクソ邦題で、この映画も損するのでは? 原題は「HIDDEN FIGURES」で、隠された数字、くらいの意味かな。 もちろん、主人公の数学的才能と、黒人女性たちが人種差別ゆえに才能を発揮できない偏見社会の両方に引っ掛けた、なかなか良い題名なのだが、 なぜにこれが「ドリーム」なのか。 ばかじゃねえのか。 という、邦題への悪口はここまで。 映画自体は、人種差別の歴史(そんなに昔ではない)を描いた、才能ある女性たちのサクセスストーリーで、明るく楽しいエンターテイメント。 良かっ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/13 19:16
アトミック・ブロンド
面白かった! シャーリーズセロンのアクションを見る映画で、ストーリーは結局なんだか判らなかったが、それもよし。 70年代ポップスがずーっと流れていて、私世代にとっては、かなりハッピーな映画になっている。 70年代知らない人には、この感覚はないかもね。 BGMが陽性なので、東西ドイツのスパイ映画としては、全体的にポップに仕上がっている。 セロンが、そこそこ弱いところも、いいバランスであった。 ただ、繰り返すが、ストーリーがなあ、 結局なんだか判らなかったからなあ。 評価は、○、を付... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/24 20:31
アウトレイジ 最終章
リアルでもなく、深みもなく、余韻もない、ヤクザ映画。 見慣れたベテラン俳優たちが、自分なりの「ヤクザ」を演じている。 まあ、それを見る映画なんだろうなあ。 評価は×。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/24 20:23
みっくす。
基本、私は、スポコンコメディは、大好きなんですよ。 「トリガール」も、とても面白かったし。 古くは「しこふんじゃった」とか。 本作も、正統派スポコンラブコメで、とても面白かった。 絵にかいたようなハッピーエンドもよいし、かなり贅沢な脇役陣も、よかった。 広末涼子とか真木よう子とか蒼井優とか、かなり贅沢に使ってたよ。 それが皆はまり役で・・・ 特に蒼井優の中国人は、かなり気に入りました。 評価は○。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/24 20:19
ダンケルク
ノーラン監督が戦争映画を作るとこうなるんだ、と思った。 独特の寂寥感、一瞬も緩まない緊張感。 バットマンの時も、インターステラーの時も、そう思った。 これがヒーロー映画か、これがSF大作か、って。 どれも、ジャンルを超えて、ノーラン映画なんだな。 面白いかどうかは別。 ノーランは、私は好きなので、評価は○。 もう一回見ようとは思わないけどな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/24 20:12
僕のワンダフル・ライフ
犬の一人称映画。 テレビでも(最近はテレビ見る習慣がなくなってしまった私だが)、犬の気持ちがわかる超能力者とか出てたけど、そういう映画。 犬は、あんなこと考えてねえよ! と思ってみてるので、ちっとも面白くありませんでした。 歪んだ心の持ち主向きではない映画です。 評価は×。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/24 20:10
LION/ライオン 25年目のただいま
シンプルに若者が自分の原点を探す話。 まあ、見つけてよかったね、てだけかな。 私は日本人で、映画に描かれた「mayself」みないなものは、理解できないのかもしれない。 とくに感動もしなかったので、中の下。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/04 16:17
ベイビードライバー
エドガーライト監督作品。 ひさびさ。 やはり完全に好みです。 カーアクション&ボーイミーツガール。 エドガー味は、軽くて明るくて、すこしせつなくて、本当に好きなんだな。 たぶん、エドガーライトの永遠のテーマは「青春」なのではないでしょうか。 評価は○。 だって好きなんだもん。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/04 16:13
スクランブル
何度も同じことを言うが、邦題の何だか分からない感には、相変わらず呆れます。 現代は「OVERDRIVE」で、限界を超えて回す、みたいなニュアンスだし、車映画なので、まあ解る。 それを「スクランブル」って何? 意味不明。 作品的には、クラシックカーのチェイスが見どころなんだが、 たぶんスピード40キロぐらいしか出てないので、それを涙ぐましいカメラワークでごまかしてます。 いや、ごまかし切れていない。 人のレビューをみたら「クラシックカーでど派手なカーチェイス!」って書いてる人がいたけ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/24 12:55
ラプチャー 破裂
SMホラー? 違うだろ。 SFサスペンスだな。出来の悪い。 レンタルで見て「失敗したな」って思う程度の映画。 まあ、 ホラーは、10本見て1本当てるために、映画館に足を運ぶわけで、 その9本の方。 評価は下。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/24 12:44
新感染 ファイナル・エクスプレス
韓流ゾンビ映画。 なかなかよい。 ゾンビ映画も、パターンはおおむね出尽くし、あとは演技とドラマで見せるしかないと思っていたが、いやいや。 舞台を列車にしただけで、十分、新鮮な映画になりました。 もちろん、演出の力が大きい。ナイス。 キャラクター・ドラマも、シンプルイズベスト。 変な正義感とかよりも、父子、夫婦、恋人という、一人ひとりの関係性を際立たせた設定。 さすが儒教の国。 神や人類愛などいらぬ、肉親愛だけ貫けばいい、という儒教感満載で、さすがにぐっとくるものがありました。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/24 12:40
交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1
テレビアニメでは、最後にハマった作品です。 これとグレンラガン以降、「ハマった!」といえるものに出会っていない。 というわけで、かなり楽しみにしていた劇場版です。 が。 これはなんかなあ。 90分、レントンのヘタレぶりを延々と見せつけられることとなりました。 3部作ということなのだが、レントンのヘタレぶりはこれで出尽くしたということで、次に期待なのかなあ。 第一部レントン編、次はアネモネ編とかだといいけど。 脚本も、時系列が行ったり来たりしすぎて、なにがなにやら。やりすぎ。 残... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/24 12:28
ガールズ&パンツァー 劇場版
イモ天でリバイバルしてたので、思わず再鑑賞。3回目? 何度見ても面白い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/19 20:08
散歩する侵略者
劇団イキウメ原作の「太陽」映画版はひどかったし、黒沢監督も、相当クセのある監督なので、構えて鑑賞。 結論からいうと、思ったよりはふつうだった。 ただ、設定やストーリーは独りよがりのセカイ系で、ああ「太陽」と同じだなあ、と思いました。 薄っぺらいというか、偽善的というか。 とにかく設定(宇宙人の能力)が抽象的なので、原作者に「お前に「家族」や「所有」、ましてや「愛」の、何が解るの?」と問いかけたくなる。 まあ、キライな映画ですな。 評価は×。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/19 20:05
エイリアン:コヴェナント
プロメテウスの完全な続編(後日談といってもよいくらい)なので、プロメテウスを復習しておく必要があります。 エイリアンよりも、アンドロイドのデイビッドの映画。 マイケル・ファスベンダーの不気味さがすべて。その狂った信念にぞっとする映画です。 リドリースコットということでハードル上げがちですが、冷静にみれば、SFホラーの秀作です。 マイケルの熱演も高評価。 前作よりアンドロイドらしさは増したように思います。 評価は○ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/19 19:53
ブランカとギター弾き
今年ベストだと思います。 77分の映画ですが、 ラスト近くのブランカの「家に帰る」の一言、ラストシーンの笑顔のための70分。 そういう映画です。 決してハッピーエンドとはいえないけれど、これ以上のハッピーエンドはあり得ないほど、素晴らしいラストシーンでした。 帰り道、家に着くまで、涙が止まりませんでした。 最高のラストまでの70分も、全編リアルで、それでいて悲壮感はなくて、それでいて物凄い緊張感。 本当にハラハラしながら見てました。 ほんと、いい映画だった。 評価は◎ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/14 20:03

続きを見る

トップへ

月別リンク

映画館でひまつぶし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる