アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
映画館でひまつぶし
ブログ紹介
映画館で観た映画の感想を、日記代わりに、ちまちま書いていこうと思います。
映画マニアというわけではなくて、
小説やマンガも大好きなのですが、
やっぱり一番好きなのは、映画館で過ごす時間です。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ゴーストインザシェル
少佐の過去など、重要ファクトが原作と違っていたが、2hでまとめるためにはやむを得ない。 「ゆるせん!」という人もいるだろうな。 作品そのものの骨格なだけに。 やはり原作とは「別物」として、見るべきですね。 映画版、起承転結がすっきりしていて、私は面白かった。 俳優陣では、桃井かおりがよかった。 アニメではあの味は出せない。 実写にする意味あった、と思わせる演技。 ぐっときた。 評価は中の上。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/14 14:53
ひるね姫〜知らないワタシの物語〜
ふつう。 最近の劇場アニメはレベルが高すぎて、ハードルが上がっている。 それなりに面白いんだけど、「ふつう」ってなっちゃう。 あとは好みの世界だよね。 私は、先日のルパン映画の方が、好きなんだよね。 とはいえ、夢がだんだん現実にシンクロするくだりや、粋なエンドロールは、高評価。 評価は中の上。悪くはない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/07 16:39
ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命
JFKに関しては、もっとストレートに感動したいのに、なんか難しい映画になっていた。 素直に、夫を失った妻と、ファーストレディという立ち場の葛藤みたいな、判りやすい感動がほしかったな。 「ブラックスワン」の時は、人の闇の薄気味悪さが映像になっていてすばらしかったけど、JFK映画は違うんじゃないかな。 先週やっていたNHK映像の世紀のJFKの回のほうが感動した。 評価は下。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/07 16:30
レゴバットマン ザ・ムービー
幼児向けかと思ったら、完全大人向けパロディムービーでした。 筋立てもしっかりしていて見応えあり。 これは拾い物。 バットマンの核心をついてる。 へんな下ネタコメディみるより、ずっとよい。 気分がスカッとする。 評価は中の上。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/07 16:23
夜は短し歩けよ乙女
大大大好きな森見登美彦の本の映画化。 もちろん、原作のあのくすぐったさを100%伝えることは無理ですが、それなりにエッセンスは伝わりました。 絵も、中村佑介さんの挿絵がそのまま動いているのが良い。 てか、それ以外だったら怒るけどね。 原作の魅力は、満載の小ネタなのだが、さすがに映像での再現は無理なので、映画単体としては悪くはないが、映画化する意味あったのかな、というところ。 評価は中の中 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/07 16:17
パッセンジャー
面白かった! SF!男のロマン!原点回帰! そんな感じ。 CGもふんだんに使って、古典的SFストーリーをロマンチックに映像化した、私のど真ん中作品です。 評価は◎ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/27 18:40
キングコング:髑髏島の巨神
面白かった! 正統派というか、原点回帰というか、ザ・怪獣映画というか。 とにかくそんな感じ。 シンゴジラが新しい怪獣映画で、こちらは、むしろレトロな怪獣映画で、それを、練ったストーリーとCGでガンガン見せてくれる。 もちろん評価は◎。 エンドロール終了後にも大注目。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/27 18:34
LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門
「次元大介の墓標」に続く、劇場用第二弾。 前作と同じ路線で、かなり良かったです。 ルパン一味VS超強力な敵、というパターンが定着した感があります。 このあと銭形のエピソードがあって、最後にルパンvsマモー、って流れなのかな。 銭形はなくて、次、マモーなのかな。 いずれにしろ、楽しみです。 30分毎のフェイクエンディングも、前作に引き続きで、愛着です。 評価は◎。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/23 19:08
LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標
良い! こういう、アダルトなルパンが見たかった。 監督は、8年ほど前の個人的好感度年間1位だった「REDLINE」の小池監督。 さすが、第一期を彷彿とさせる抑えた色彩に、レベルの高い演出とキャラ設定で、大変良かった。 OPとEDが30分ごとに入るフェイクも、かなり気に入った。 ラストでチラッと出てくるアノひとは、2H長編への伏線か? 評価は◎ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/23 19:02
宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章 「嚆矢篇(こうしへん)」
仙台長町で見てきました。 ヤマト愛に溢れています。 前作もそうだったけど、本作も、ヤマト愛を共有する制作側とユーザーの共同作業。 ついていくので、がんばって作ってください。 ダイジョブかな・・・途中で力尽きないといいけど。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/23 18:49
エヴォリューション
SFテイストのファンタジー。 とはいえ、純ファンタジーに必須の堅固な世界観が あるわけではなく、子供時代の漠とした不安を映像にしてみました、的な作品。 当然、ストーリーや謎に明確な回答があるわけではなく、解釈のほとんどは見る人に任されている。 そういうのは、SFでもファンタジーでもないです。 「幻想」という。 見ててはつまんない。 評価は下。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/13 18:55
アサシン クリード
マイケル・ファスベンダーはいい男なのですが、作品の選択を誤ったな。 主役だけじゃなくプロデュースもやってるということなのですが、見事なクソ大作映画となりました。 ストーリーが現代と過去を行き来するんだけど、それを使ってストーリーをヒネるわけでもなく、キャラクター造形に生かすわけでもない。 ただ「そういう設定です」というだけ。 中世アクションものをむりやりSF仕立てにしただけです。 繰り返しますが、クソ大作映画、です。 評価は下。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/13 18:43
トリプルX:再起動
アメリカの頭悪い不良向けシリーズ、久々の復活。 基本的には「ワイルドスピード」と全く同じですが、「ワイルド〜」のほうが、超大作化してしまたので、予算面で住み分けしてると思われる。 ヴィン・ディーゼルも、同じキャラでずーとやってるので、楽だよね。 評価は中の下。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/13 18:35
ラ・ラ・ランド
ザ・ミュージカル。 登場人物が突然踊りだしたり歌いだしたりする。 私は、背景にミュージカル要素がゼロなので、なんとも評価しがたい。 でも、 それを差し置いても、良い映画だと思いました。 ラストの切なさ、「もし元カノと別れてなければ、どうなってたのかな、オレの人生」という思いは、多くの中年男子が共有できるものだと思います。 「セッション」よりずっと良い映画でした。 評価は(私は)中の上。 世間一般には◎のひとが多いと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/13 18:29
虐殺器官
もはや日本SF界のレジェンドとなりつつある伊藤計劃の代表作の映画化。 ネタがかなり抽象的なので、映像化に馴染むのかなあ、と心配しましたが、心配したとおりになりました。 映像化しないほうがよい作品もある、ということ。 そもそも作画もいまいちだったしね。 評価は中の下。 たいくつな作品。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/13 18:22
アサシン クリード
大作くそ映画。 「秘宝」で何がしたかったのか、結局どうなったのか、抽象的でさっぱりわからんかった。 ひたすら教団vs騎士団の戦いの話で、閉塞感しかない。 続編に続く、みたいな終わり方も、不快感しかない。 ストーリーも、結局、ほぼなかったし。 ないないづくしで、評価は下。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/04 13:41
劇場版 ソードアート・オンライン −オーディナル・スケール−
中二病の人向けのハーレム物。 キモオタよ。現実に帰れ、と言いたくなる。 絵がきれいで動くだけでは、鑑賞に耐えない。 唯一、ラスト1分は感動した。 評価は下。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/04 13:37
グリーンルーム
新宿シネマカリテで見ました。 新宿駅の目の前にある小さい映画館。 売店もなくて、シネコン小劇場、って感じ。よい映画館です。 作品も、なかなか良かった。 良質のサスペンスでした。 パンクバンドvsネオナチ、という、メタファーのようなそうでないような設定ですが、戦闘能力はどっちもどっちで、最強兵器は「犬」という斬新なストーリー。 仲間5人のうち2人が犬から殺される。わりとあっさり。 ギターの女の子が主人公だと思ってたら、最初に死んじゃったし。 戦闘力高めのドラムは、最初にフルボッコに... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/15 20:11
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
ティムバートンがバトル物を撮るとこうなる、という映画。 でも、原作があるんですね。読んでみたい。 主人公の能力が限定的で、敵のみに対するアンチマジックなところは、「魔法の国ザンス」(懐かしい!)主人公の能力を思い出しました。 双子の能力が最後に判明するところなども好き。 双子の戦闘力、半端ない。 最近パッとしないティムですが、本作は久々に平均以上です。 欠点は、一種の時間ものなんだが、解りずらいところ。 評価は中の上。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/15 19:54
ルパン三世カリオストロの城MX4D
3Dメガネスタンバイしてたら、3Dじゃなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/04 10:11

続きを見る

トップへ

月別リンク

映画館でひまつぶし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる